スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
正体が解ったよ!
2014 / 04 / 24 ( Thu )
前回の病院での先生の話から、絶望的な感じと受け取りましたが…

なにからしたら良いのか?飼い主混乱しましたが
やはり、はっきり病名を調べるべきと、日本小動物医療癌センターを予約しました。
昨日まで待ちました。
とても長く感じました。


チョコの状態は、食欲もいっぱいで元気ですが、
回数は朝晩だけですが、途端に下痢が酷くなり、体重が先週11Kから10,4Kと痩せました。


朝9時から6時まで検査、あずけて夕方お迎えに来ますか?と聞かれたが、
病院で待ち一つの検査ごとに飼い主の処に戻る様に病院で待つ事にしました。


CTもしない内に数か所の針での採取細胞検査で、悪性と出ました。

小腸に出来てました。
小腸自体が、先生の話でたとえば、腸管を竹輪に例えてちくわぶ、厚くなった状態との事。
肺や肝臓には、転移してないが…近くのリンパに1ヵ所転移。
前回のエコーから、数日でもっと大きくなってました。

憎き癌の正体は、先生もまさかの、肥満細胞腫

先生、珍しい例です、20年この病院で、毎日癌のワンコを見てきたが、先生は3例目だそうです。
肥満細胞腫、チョコは皮膚には、まったく何も出来てません。
内臓、しかも小腸・・・・転移しやすい癌
早期発見でも、かなりやっかいな、内臓原発


もちろん先生、手術を薦める。そして抗がん剤。
(やりたそう)

手術前提なら、お泊りで麻酔によるさらなるCT検査。
さらに、細胞の形を詳しく調べて、(この結果も1週間待ち)
抗がん剤の種類を選ぶ。
先生・・・使ってみて、効かなければ、また他の薬、一時的に癖的に良くなる子も居ると。。
積極的治療の説明を詳しく話してくれた。
随分、長い時間説明してくれた。


手術は、悪い小腸部分を大きくバッサリ切り取り、つなぐ
2週間くらい入院して抗がん剤併用して、
少しずつ流動食から始め便が出るまでの様子をみたいと。

先生に病院で最後はさせたくないと言うと
先生も・・・その通りですと言う。

少しでも長く過ごせる可能性を、話してくれる。
だけど…完治はありえない、あくまで延命。
そこまでやって、はたして元気で延命出来るのか?
何もしなければ、1,2ヵ月ですか?と聞くと
先生、うなずく。酷い言い方ですが餓死みたいな…
(そんな事はさせないよ!憎き癌め!)


今後の事何も、返事が出来ないまま、チョコを連れて帰る。
2~3日内に答えを出す様に言われました。


病院が好きだった子が、癌センターに来る頃にはみんな検査検査でワンコは怯えてる。
飼い主達は待合室で、1回1回の検査結果を、どうでしたか?
と、聞きあってため息。。
チョコは、猫ちゃんに反応して、、何時ものチョコ。
どこも悪くないみたいと、みんなに言われる。

とりあえずステロイドやら複数の薬をもらってきた。
ご飯を今までより多めにあげて、体力勝負です!

病院を出たのは7時過ぎ、チョコは大好きなドライブで外を眺めてる。

じぃと、車中何もしゃべらずに帰ってきたが、緩和だけと決めるかも…

近所で腫瘍の先生に明日相談して悪くなったら往診の相談をしてきます。
酸素テントのレンタルもあるようだし、
   
私は、ずーっとそばにいてあげる。

生の物と、消化の悪い物以外は、何を食べても良いとの事で
チョコは、良い匂いの缶詰に、舌舐めずりです。


  
            2014_0423_085603-DSCN0016.jpg

            昨日病院でのチョコ、血液検査も異常なし!元気なんだけどね。
            
スポンサーサイト
14 : 06 : 03 | チョコ「肥満細胞腫腸管型」闘病記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チョコ 癌の疑い
2014 / 04 / 11 ( Fri )
随分長い間ブログも放置してました。
今年になってから、下手な日記ですが、
またチョミ達の元気な様子でも書いてみようかと考えてました。
放置してた間、チョミ達は、まったく病気には縁もなく元気いっぱいでした!
そんな矢先。


少し前から、ほんの少しチョコが軟らかい便をするので
今年10歳になるし、ご飯が負担で、消化がわるいのでは?
と整腸剤でももらう、軽い気持ちで病院に行きました。

散歩で通る途中の病院で、初めての病院です!
ついで・・・みたいな軽い気持ち…


診察台に乗り、私は、目は?耳は?とそんな質問。
先生はチョコの身体をしつこく触り、何か膨らんでると!
え??チョコの身体、毎日ひっくりかえして触ってるし・・
凄く凄く元気だし。


それを聞いても、私はまだ、全然心配してない状態。
レントゲンを撮るが、胃が写らない!
先生優しく言うからまだ、私、誤飲なんてする訳ないし、何だかポカンとしてました。

エコーをしますと!先生。

結果、肝臓のあたりに、6センチと5センチの腫瘍のような物
万が一 万が一をしつこく繰り返し本当にまれには良性もあるけども・・・と。
万が一でも内臓を圧迫してるから切らなければ助からないと、
悪性がほとんどですと言い、先生の顔は厳しい。

針を入れて検査をするも良いけど、開けてみなければ解らないと…
その腫瘍が、内臓を圧迫して胃が小さくなってると…

何言ってるの??
言われてる事を受け入れられてない自分。

先生は、自分の犬だったら切りますか?と質問しました。
私は獣医だから、切りますが、よく家族で相談してまたこれからの治療法を決めましょうと。
リンパ腫ではないので、放射線は効かないので、オペすれば抗がん剤。。

私はすぐに思ったのは、癌センターなどでの検査と積極的治療!
良性だったら取れるかも、

じぃは、全く反対の事。

ただただ後悔。。
もう少し早く病院に来てたら?と
年に2回以上のエコー検査をしなかった。
血液検査などでは早期発見も出来ない。

先生はこんなに大きいから写ったし
すごいスピードで大きくなるし
場所が悪いのでと、慰められてる様な気持ち。、大量出血も覚悟と、

なんにも覚悟なんて出来ないし、、

転移があるのか?元はどこに何ができたのか。

じぃは、チョコと分刻みの時間を大事にしたいと…
他の病院や手術は、全く考えてなく、
何やら、手作りで癌の病人食を作ると、

3D画像やらそんな物!と怒る!チョコに負担をかけずに
往診などで、緩和だけをしたい様子。

こんな軽い検査でホントに癌?
結論つけて良いの?
誤診もあるかも・・・と
受け入れられない私。

チョコは、まったく元気いっぱいだし、食欲も旺盛。
便も整腸剤で、もとの良い状態。

どこが病気?と疑わせる。

今、隣でオモチャで遊んでる。
私は、年甲斐もなく泣きはらした顔です。
まだ気持ちは混乱してる。
こんなに元気なのに…
夢を見てるのかも…誤診の可能性を捨てきれない。

日曜日、カートに乗せながら、水元に連れて行こう!!
チョコは何がしたいんだろう。


    ごめんね!   チョコ 






14 : 45 : 13 | チョコ「肥満細胞腫腸管型」闘病記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。