スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チョコ手術終わりました。
2010 / 02 / 06 ( Sat )
飼い主、随分迷いましたが、、金曜日に、チョコは右目の手術を行いました!

IMG_0448.jpg
安部動物病院で院長先生に執刀して頂きました。
前に行った病院と、判断は同じです!

違いは、術後、眼帯の変わりに、瞬幕を縫いつけ、瞼を塞ぐ事を、しなくてもいいでしょう。。
との、意見の違いくらいでした。
それと、鎮静剤で、やります!大人しいく動かない子なら、点眼麻酔で出来るそうです。
チョコは、自家発電ですから・・・(-"-) 鎮静剤で手術しました。

付いた病名は、『難治性角膜上皮びらん』
角膜に傷が付いた訳ですが、普通は、とっても早く再生されると言われる角膜ですが・・・
再生した上皮細胞がその下にある、角膜の実質にしっかり接着出来ず、
浮き上がって剥がれてしまい・・・いつまでたっても、定着せずに、落ち着かない。。

原因は、はっきりしませんが、
糖尿病・体質・治す筈の酵素が溶かして治るのをじゃましてる・etc.
よく解っていないみたいですが、こういう子は、反対の目もなる可能性もあるらしいです。

まばたきでも、風に当たっても、剥がれてしまう。。

チョコも、こんな状態になってから、、このまま治るのでは?と思えば…
直ぐに、悪くなる、の繰り返しでした。
内科的治療(点眼など)で、少し時間は掛かっても、治る子も見てますから、
もう少し、もう少しと待ってました。

病院でも、判断は、飼い主に委ねられました。
悪い事を考えれば、抗生剤の、目薬も長いと、カビなども発生したり、
そうなるとかなり厄介になります。
視力の低下・・・細菌感染は、一大事!!

でも、時間は掛かるけれど、治らないとも限らない。。

後は、角膜は、神経が最大に集中してる場所であり、
人間でも身体の中で最も痛みの敏感な組織ですから
今の状態が続けば、ワンコもとっても痛い場所!結局治らなかったら辛い筈。

ん~ん。。随分考えちゃいましたよ。。

手術は、びらんしてる幕を、大きめに剥がして、
下の組織を格子状に細かく沢山、わざと傷を付けて
新しく出来た膜が、滑らず定着する様にする訳です。
取り合えず治った様に見えても、その後の視力とかは・・・?
ワンコですからね。。何も言いませんもんね!
再手術も、少ないとは言え、ある訳で、、、

しかし・・・悪い時のチョコは、まったく動かず、痛みと戦ってる様子。
こういう状態になった時には、見ていられない事になります。

再度、手術の是非について、先生に話を伺いましたが…
先生は、チョコは手術しないと治らないでしょう~。との意見。。。

善くなった様になっても、簡単に剥がれてしまう!
1ヶ月も経ってるし、と言われ決心した訳です!

IMG_0483.jpg
今朝のチョコです!今、目は、ほとんど白濁してますが…
今後善くなる事も多いとの事。
期待したい所です。

術後、かなり痛い筈。と先生に言われましたが、
おやつをねだったり、手術前より大夫元気です!

IMG_0442.jpg
すっかり甘えっ子になり、寝る時も抱っこを要求。。
飼い主、腕がパンパンになりながらも、可愛くって…(^u^)

一週間後に、経過見に病院ですが、予後は善くなってると信じてます。

皆さん!ご心配、応援ありがとうございました!!
(その後の経過、お知らせしますね。)

チョコも、ばぁも幸せもんですm(__)m



スポンサーサイト
13 : 00 : 16 | 病気・病院 | トラックバック(0) | コメント(28) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。